この世資本方針の業務について実習をしていた

現代資本スタイルの作業について学習しました。現代の資本スタイル環境社会では、非公式黒字の検証を目的として行動する非公式環境部門と、社会的リターンの検証を重視した環境案件を行なうオフィシャル環境部門とが、併存している(合体環境)。合体環境では政府の機能が増大し、政府は経済安定・理想就業・環境進化の到達に大きな役割を果たしてきました。反面、のべつ有用要求の増殖を策する気質が言える結果、ファイナンス負債が起こり易く、現代環境の作業の一種となっています。今日では、寡占や政府による調整などによって価格のオート調整効果が用途しにくくなってきている業界が多いそうです。いま、環境ハンドリングのあり方についてケインズの思考を支持する土俵と、フリードマンを中心とやるマネタリストとよばれる人々の思考を支持する土俵があるそうです。現代資本スタイルについての勉強してみて、知らない文句やこともいくつかあったので、意味のある学習だったなと思いました。http://www.kukoo.co/

嫌いだけど居ないと困る、頑固でワンマンな社長。

社長が倒れた。ワンマンの職人気質の社長で、事務所に来ては怒鳴り散らしている社長。地方の仕事から自宅に帰って来てすぐ倒れたらしい。社長が倒れたら会社はどうなるの?病院と事務所を行き来している奥さんまで心労で倒れたらどうしよう…いつもは怒鳴られてばかりで嫌いだけど、やっぱり心配。すぐに病院が見つかり処置していただき、一命を取り留めた。「命拾いをした」とはまさしくこのことだと思った。「お前みたいなうるさい奴、まだ天国にくるな!!」って、神様に嫌われたみたいに復活できた。そうして間もなく退院してくる。体力が戻るまではしばらく、短時間でも事務所に居ることになるのかな?あっ!! また怒鳴られる!! 私のミスではなくても、事務所にいない人のことでも、面と向かって私に怒鳴る社長はやっぱり嫌いだ。話しをそらして社長の話し相手にならないように忙しい振りをしてetc。血圧を上げないように、心臓に負担をかけないように…嫌いだけど長生きしてもらおう。http://www.jymretreats.org/